black hair girl are worry
treatment

女性が使う避妊薬

みなさまはどのような避妊を行っていますか?日本人の多くはコンドームでの避妊を行っているかと思うのですが、コンドームは行為中に破れてしまったり、外れてしまうなどの事故によって避妊に失敗する例が後を絶ちません。
実際にコンドームのメーカが行った調査によると、コンドームでの避妊の成功率は80%台にとどまったというデータもありますので、コンドームを過信しすぎるのは良くないことだといえます。
そもそも、コンドームは男性に拒否されるとその時点で終わりです。避妊の失敗によって傷ついてしまうのは男性ではなく女性なので、自分の身を守るためにも確実に行える避妊薬を使った避妊の方法について知っておきましょう。

女性主体で行える避妊薬の中でも特に人気が高いのが低用量ピルです。低用量ピルは毎日の服用を欠かさず行えばほぼ100%の避妊効果を得ることができます。
副作用も少なく、健康被害が出ることも少ないので、あまりメジャーではありませんが、一部の人から熱狂的に支持されています。
低用量ピルは産婦人科に行く事で購入ができるのですが、わざわざ産婦人科に行くのも面倒なので、多くの方が個人輸入の通販を利用しています。
ただ、ここで問題になってくるのがトリキュラーにするかマーベロンにするかという問題です。低用量ピルにはトリキュラーとマーベロンという2種類があります。どちらも避妊薬として効果が高いのですが、トリキュラーとマーベロンは微妙に異なる点も多いので、多くの方がどちらを買うか迷ってしまいます。
当サイトではトリキュラーとマーベロンについて徹底比較し、避妊薬について悩む方の疑問を解消することを目的としています。トリキュラーとマーベロンの違いをしっかり把握し、自分に合った避妊薬を選べるようにしておきましょう。

PRサイト:低用量ピルまとめ

medical examination

飲み方が異なる

トリキュラーとマーベロンの大きな違いといえば、薬の飲み方が挙げられます。決められた順番を守らなければいけないトリキュラーか、ホルモンバランスを強引に変えてしまうマーベロンか、よく考えて選びましょう。

children's disease

効果も異なる?

トリキュラーもマーベロンも避妊効果は変わりませんが、副作用の出やすさや避妊以外の効果については差があります。決め手に欠ける場合は副産物の効果に注目してみるのが良いでしょう。

imported drugs

21錠と28錠

トリキュラーにもマーベロンにも、21錠タイプと28錠タイプがあります。どちらも内容は一緒なのですが、28錠は飲み忘れのないようにプラセボが入っていますので、飲み忘れが気になる方は28錠がオススメです。