飲み方が異なる|人気の避妊薬。トリキュラーとマーベロンの違いについて

飲み方が異なる

medical examination

人気の避妊薬であるトリキュラーとマーベロンはどちらも高い避妊効果を得られるので、正直なところどちらを選んでも損はないでしょう。ただ、細かいところで両者の違いが出てきますので、その点だけ注意が必要です。
トリキュラーとマーベロンの違いにおいて一番大きいものは、服用の方法についてです。トリキュラーは3相性型と呼ばれる薬で、対するトリキュラーは1相性と呼ばれています。
これは服用方法をあらわした言葉で、3相性のトリキュラーは成分の異なる3種類の錠剤を順番通りに服用することになります。成分が違うので、正しい順番で服用しないと避妊効果が発揮されないことになります。飲む順番は色やシートで分けられていますので、間違えることはありませんが、普通の薬よりは注意深くなる必要があるといえます。
対して1相性のマーベロンは1相性なので、すべての薬が同じ成分になっています。余計なことを考えずに同じ薬を飲めばいいので、トリキュラーよりも服用しやすいといえるでしょう。

トリキュラーがわざわざ3相性にしているのには理由があります。それはホルモンバランスの変化をより自然体にするためです。
避妊薬は女性ホルモンのバランスを変化させることによって妊娠を妨げるのですが、トリキュラーはその変化をより自然なものにするために3つの薬を利用します。
もちろん1相性のマーベロンでもしっかり避妊はできるのですが、すこし変化が急になりますので、体調の変化に敏感な方は気になるかもしれません。
できればトリキュラーで自然な変化の避妊を行っていただきたいのですが、トリキュラーを飲む際に間違って避妊効果が得られなくなっては意味がないので、自信のない方はマーベロンでもいいかもしれませんね。