21錠と28錠|人気の避妊薬。トリキュラーとマーベロンの違いについて

21錠と28錠

imported drugs

最後に覚えておいていただきたいのは、トリキュラーとマーベロンに共通する内容で、避妊薬の錠剤の数についてです。
トリキュラーもマーベロンも21錠タイプのものと28錠タイプのものが販売されていますので、避妊薬の知識がない場合はどちらを買っていいかわからなくなってしまいます。
実は低用量ピルは21日間の服用で効果を発揮しますので、21錠タイプのものでも十分な効果を得られます。ただ、翌月以降も避妊効果を継続させようと思うと、また薬の服用を再開する必要があります。
具体的に言うと、21日目までは避妊薬をしっかり飲んで、22日目からは休薬期間に入ります。そして29日目からは新しい箱を空けて1日目の分から飲み始めることになります。

ここで問題になってくるのが、休薬期間の間に日数の感覚がなくなってしまい、結果的に29日目に薬を飲むことを忘れてしまう方が非常に多いのです。ここで飲み忘れてしまうとその後は避妊効果が確かなものにはならないので、確実に飲みすれないように開発されたのが28錠タイプです。
28錠タイプはトリキュラーもマーベロンも存在するのですが、22~28日目の薬は全てプラセボ(偽薬)になっています。
たとえ効果のないプラセボでも、毎日飲む習慣さえ守ることができれば飲み忘れの確率を大きく下げることができますので、飲み忘れが気になる方は28錠がオススメです。
ちなみにプラセボには特に薬としての効果はないので、プラセボを飲み忘れても問題はありません。ただ、新しい薬の服用を始めるべきタイミングだけはしっかりおさえておきましょう。